企業型確定拠出年金 運用のシンプルな最適解

賢いお金の貯め方

皆さんは「確定拠出年金」という言葉を知っていますか?確定拠出年金は社会人の資産運用の基本中の基本の仕組みですが、筆者のまわりにも確定拠出年金を知らない人や、知っていても正しく理解して活用できていない人が多くいます。この記事では、確定拠出年金とは何か、そして中でも企業型確定拠出年金(企業型DC)について結局何をどうすれば良いのか、シンプルな回答をまとめました。

スポンサーリンク

確定拠出年金には①企業型②個人型がある

確定拠出年金には企業型と個人型の2種類があります。企業型とは、その名の通り企業が導入している確定拠出年金制度です。社員が利用できる福利厚生で、毎月支払われる給料とは別に会社が定額を拠出し、社員が自分で運用するしくみです。企業型確定拠出年金を導入していない会社に勤めている場合でも、個人型確定拠出年金(IDECO)を利用することで同じように資産形成をすることが可能です。

確定拠出年金の特徴を解説

確定拠出年金の説明はググればいくらでも出てきますので、ここではポイントだけ解説します。確定拠出年金の特徴は大きく3つです。

  • 拠出額が控除され、非課税になる
  • 運用益が非課税になる
  • 基本60歳まで引き出せない

上記は企業型と個人型共通の特徴です。税金面で優遇される代わりに老後まで使うことができない、ざっくりいうとそんな制度です。

企業型確定拠出年金に加入するには

さて、ここからは企業型確定拠出年金にフォーカスしてみます。企業型確定拠出年金を導入している企業では大きく分けて2つのパターンがあります。

  • 入社時に加入するかどうか選択できる
  • 入社時に強制的に加入する

私の勤める会社では、入社時に確定給付型年金と確定拠出型年金を選ぶように言われました。資産運用なんてほとんど考えたことがない社会人1年目にしてなんだかよくわからないけど大事そうな選択を迫られ、みんな戸惑っていたことを覚えていますが、基本的には絶対に加入するべき制度です。

そして私がこの記事を書こうと思った最大の理由が「入社時によくわからないまま加入して、そのまま放置している人が非常に多い」ということです。そして、そのような人は大きく損をする可能性が非常に高いです。ぜひこの記事を読んで今すぐ適切な運用を開始してほしいと思います。

企業型確定拠出年金のダメな運用方法と最適解

先ほど「確定拠出年金を放置している人が多い」と述べました。確定拠出年金を放置するとどうなるのでしょうか?放置していても、会社は毎月定額を拠出してくれますしので何らかの運用商品に投資している状態になります。

統計資料によると、企業型確定拠出年金の運用商品選択状況は、男女ともに「預金」が最も高くなっているそうです。実は企業型確定拠出年金で運用商品を選択せず放置している人はこの「預金」に100%拠出している状態になるのです。これは定期預金を表しており、拠出額がそのまま運用されずに蓄積されます。中にはリスクを負うよりは安定して資産を形成したいという理由で定期預金を選択している人もいるかもしれません。

定期預金はダメ!リスク資産を選択すべき理由

断言しますが、確定拠出年金では基本的に定期預金を選んではいけません。特に20~30代は基本的にはリスク資産である「株式」に全額を拠出することを強くオススメします。その理由は以下の通りです。

  • 定期預金では「運用益が非課税」のメリットを受けられない
  • 長期運用では「株式」の期待リターンが最も高い
  • 確定拠出年金だけで資産形成をするわけではない

確定拠出年金の特徴の1つは本記事でも述べたように運用益が非課税になることですが、定期預金では運用益がほとんど受け取れないため、せっかくのメリットを享受できなくなります。運用益が非課税になる枠は限られており非常に貴重です。これを活用せず銀行にお金を預けている状態で非課税枠を消費してしまうことは非常にもったいないことです。

そして確定拠出年金では数十年の長期運用が前提となります。「株はリスクが大きくて怖い」というイメージで拒絶している人も多いですが、それは個別の銘柄(特定の企業の株)を短期で売買する場合の話です。確定拠出年金では日本や世界のたくさん企業の株に分散して長期投資することになるため、ある企業の業績不振や倒産などで資産を失うようなリスクは極めて小さくなります。そして株価は、数十年の長期で見たときには基本的に右肩上がりで推移するため、最も期待リターンが大きい運用商品といえます。

例えば代表的なものにS&P500というアメリカを代表する株式500銘柄の株価平均指数があります。この指数の推移を調べると、たまに大きく下がることはあっても長期的に右肩上がりとなっており、1980年代と比べると現在は約10倍にもなっています。つまりS&P500に連動する投資信託で約40年運用していれば資産大きく増えていたことです。もし定期預金に預けっぱなしにしているとこのような資産拡大は一切期待できなくなります。

そして最も重要なポイントは「確定拠出年金だけで資産形成するわけではない」ということです。「さすがに全額を株式に投資するのは怖い」という理由で一定の割合を債券や定期預金などリスクの低い資産に配分する人が結構います。しかし多くの人は月々の給料やボーナスの一部を将来のために貯蓄・資産運用するはずなので確定拠出年金の枠の中だけで資産配分を考える必要はありません。多くの場合月々数千円~数万円しかない限られた税制優遇の枠を預金や債券などの期待リターンが少ない商品で消費してしまうことは非常にもったいないことです。確定拠出年金以外に一切将来のための貯金や資産運用を行わない!という人であれば確定拠出年金の枠の中で安全資産も含めて資産配分を考える必要がありますが多くの人はそうではないはずです。運用益が非課税になるという税制優遇を得られる枠をフル活用する意味でも、確定拠出年金では基本的にリスク資産に投資するようにしましょう。

ただし株式に投資する商品にもいろいろあります。本記事では詳しい説明は省きますが「全世界」「先進国」「米国」のいずれかの株式に分散投資するインデックス商品を選ぶようにしましょう。企業型確定拠出年金の場合は運用できる商品が限られることが多いので迷うことは少ないと思いますが、紛らわしいぼったくり投資信託が含まれていることがあるので、気をつけましょう。この辺はまた別の機会に記事にするかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました